San Diego Town

サンディエゴ
日本

生活便利情報 Life Tool

暮らし・生活 | リサイクル

コンポストの作り方

皆さんコンポストはご存知ですか? 
コンポストとは、家庭から出る生ゴミを手軽に堆肥に再生できる容器のことです。特徴は、微生物の力だけで生ごみを分解処理するので、発酵剤などの薬品は一切使用しないところ。また、家庭で出る生ごみの減量にもなりますし、コンポストで作られた堆肥はそのまま土に返す事はもちろん、菜園や花壇などの土壌改良剤としても活用できます。そこで今回は、身近にある“ダンボール”で簡単、便利なコンポストの作り方を紹介致します。

【用意するもの】

  • ダンボール 3つ

  1つ目:大きさは自由。二重構造のものが丈夫で長持ちします。
  2つ目:底敷用(箱の底を二重にして補強しましょう)
  3つ目:虫除け用(ダンボール箱の底面より少し大きめのダンボールを使い、加工してフタを作りましょう)

  • ガムテープ(通気性を良くするため、できれば紙のガムテープをおすすめします。)
  • ピートモス(peatmoss)
  • くん炭(ピートモスとくん炭はホームデポ等のホームセンターで販売しています。)
  • シャベル
  • ゴム手袋

 

===== ダンボールの組み立て方 =====
1. ダンボールの天井面を立てて、ガムテープで角を補強します。補強+虫の侵入を防ぐために箱の底や、隙間にもガムテープをしましょう。
2. 次に、底を二重にします。
3. フタも同じく、角や隙間をガムテープで補強しましょう。




===== コンポスト作成・設置 =====
【資材投入】
ピートモスとくん炭を3:2の割合でダンボール箱の中に入れ、よく混ぜます。
資材の量は、箱の深さ3分の2程度まで入れます。入れずぎると混ぜにくくなりますのでご注意を!

【設置場所】
雨がかからないところに設置しましょう。
できれば15度以上の日当たりの良い場所が、コンポストの中の微生物の活性化を促進します。

 


===== 生ごみ投入 =====
1. 生ごみは水分を軽く切りましょう。ポイント生ごみは、なるべく小さく切った方が分解が早いです。
2. 1日につきだいたい500グラム〜1000グラムを目安に毎日投入していきましょう。三角コーナー1杯分が、おおよそ1000グラムです。
3. 生ごみを入れたら、よく混ぜましょう。
4. 最後に虫除けのフタをします。
5. 資材がべたついてきたり、塊が多くなってサラサラでない状態のダマになったら終了です。新たな生ごみの投入をやめて、1〜2週間ごとに時々混ぜるようにしましょう。
6. その後、土と混ぜ合わせ、さらに1〜2ヶ月ほど置きましょう。


◎ココがポイント◎

  • できるだけ毎日混ぜて空気を入れましょう。空気を入れることにより、ごみを分解する微生物の活動を活発にし、虫の発生を抑えてくれます。
  • 防臭・防虫・保湿のため必ずフタをかぶせましょう。
  • 箱が湿って膨らんできたら、数日生ごみの投入をやめるか 、資材を加えてみてください。


入れないほうが良いもの
基本的に硬いものや繊維質が多いものは分解しにくいため、多量に投入しない方が良いでしょう。

  • 塩分を多く含むもの(塩辛、塩鮭、漬物、など)
  • とうもろこしの芯、ぶどうや梅干しなどの種
  • カニの殻や貝殻
  • たけのこの皮や玉ねぎの外皮



2017年10月13日 更新

戻る