San Diego Town

サンディエゴ
日本

生活便利情報 Life Tool

ビザ・移民・法律 | ビザの種類

米国ビザの種類

観光などの目的で3ヶ月以内にアメリカに滞在する場合は、ビザは必要ありません。しかし、それ以上の滞在の場合は、適切なビザが必要となります。

注:これは一般的な情報のみです。 より詳細な情報、正確な情報をお求めの場合は、移民弁護士にご相談ください。


B-1ビザ
日本企業に雇用され米国に派遣された従業員が、米国で一時的(6ヶ月から1年)に働くことを許可するビザです。米国企業(現地法人等)からは給与を支給されません。

B-2ビザ
観光目的でのみ米国への入国が可能で、最初の入国時に最大6ヶ月の滞在が可能ですが、その後の滞在延長は困難です。

F-1(学生)ビザ
米国内の学校に入学が許可された学生に発行されるビザです。申請者は、授業料と生活費を支払うための銀行残高が必要です。米国に滞在するためには、学校が発行する入学許可書、そしてI-20「在留資格認定証明書」と呼ばれる正式な書類が必要です。

I-20とは何ですか?

I-20は、入国後に留学生としての身分を証明する書類です, I-20を取得するだけが米国への入国方法ではありません。米国に「外国人学生として」入国するためには、たとえ3ヶ月未満の留学であっても必ずビザが必要です。ビザは入国審査に必要な書類です。

F-2 ビザ  
F-1学生の配偶者や子供が米国に長期滞在するためのビザです。米国内での就労は許可されていません。

J-1 ビザ
交換留学生と研究者のためのビザです。奨学金制度による高校生や大学生の交換留学生、大学間の研究者養成プログラムなどがJ-1ビザの対象となります。奨学金プログラムの場合、ビザの有効期間は通常1~2年、延長は最大3年で、ビジネスインターンシップの場合は通常6ヶ月、12ヶ月、18ヶ月のいずれかの有効期間があります。もちろん、ビジネス・インターンシップでは、インターンはスポンサー企業で働くことができます。

J-2 ビザ 
J-1交換留学生の配偶者や子供に与えられるビザです。米国内での就労は認められていない。

カリキュラムプラクティカルトレーニング
フルタイムの学生として少なくとも9ヶ月間勉強していることが条件です。修士号取得のために勉強している場合はすぐにでも開始することができます。学校と雇用主が提携していること、プログラムが研修であることが条件です。また、就労も可能です。

オプショナル・プラクティカル・トレーニング
9ヶ月以上フルタイムで勉強していること(英語コースを除く)。学校に在籍していること(学期中は20時間まで、休暇中のフルタイム可)、卒業後はフルタイムも可能である。合計1年間の実務修習期間を取得できる。複数の学校を卒業した場合でも、Practical Trainingの期間は1年間に限られます。

M-1 プラクティカル・トレーニング
非学術的な職業訓練プログラム(英語コースを除く)を学び、修了していることが条件です。専門分野に直接関連する仕事の実践的なトレーニングに従事することができます。4ヶ月毎の就学につき1ヶ月、合計6ヶ月までビザを取得することができる。
Mビザの取得が可能な学校を卒業しても、そこで得た知識や経験をもとにH-1B(短期就労)ビザへの資格変更を申請することはできない。また、M-1からF-1への在留資格の変更もできないので注意が必要です。Mビザで学校を卒業した学生は、基本的に卒業後、日本に帰国しなければなりません。


E-1(条約貿易業)ビザ
日本国籍または日本国籍の親会社が資本の過半数(51%以上)を所有している米国企業であることが条件です。ビザを取得しようとする者は日本人でなければならず、現地法人が行う貿易の大部分が日米間でなければならない。Eビザで現地法人で働くことができる従業員には2種類あります。一つは、役員や管理職(社長、部長など)、もう一つは「専門技能」を持つ人です。

E2(投資家)ビザ
外国人投資家が米国で相当額の投資を行うことを条件としています。貿易取引は必要ありません。投資家(個人または会社)は、米国に派遣され事業を運営するマネージャーと同じ国籍(日本)であることが必要です。このビザの有効期限は通常5年間で、その後も1回につき5年間の更新が可能です。

H-1B(特別熟練労働者)ビザ
申請者の学位または過去の仕事に関連し、米国で専門職とみなされる産業で働く必要があり、賃金は米国市民に支払われる賃金より低くすることはできません。ビザの有効期限は3年プラス3年の延長で、最長6年まで。その後、1年間米国外に滞在し、再申請することができる。 会社を変えたい場合は、別のH-1Bビザを取得する必要がある。

H−2A(農業労働者)ビザ
季節労働者であることが条件。(雇用主は、米国内で労働者を探したが見つからなかったことを証明しなければならない) 労働省の許可が必要。ビザの有効期限を1年プラス1年延長することができる。

H-2B(臨時労働者)ビザ
単発、臨時、季節労働に従事していること。(米国内の労働者を補助または補完するためにのみ働くこと)米国労働省の証明書が必要です。ビザの有効期限は1年で、最長3年まで延長が可能。その後、米国外に6ヶ月滞在した後、再申請が可能です。

H-3(労働研修者、職業訓練)ビザ
米国内で計画された研修のためのビザです。申請者の出身国にはないプログラムである必要があります。また、申請者は母国に戻る意思を示さなければなりません。 このビザは最長2年間有効で、特別教育関連の訓練生は最長18ヶ月間発給されます。その後、6ヶ月間米国外に滞在した場合は再申請が可能である。H-3ビザの条件は、研修生がほとんどの時間、管理されたスケジュールのもとで講義や実地訓練に参加することである。

H-4(扶養者)ビザ
Hビザ保持者の配偶者と子供に発給される。 米国内での就労は認められていない。

K-1 、K-2 ビザ(婚約者ビザ)
米国市民と婚約している外国人男性または女性で、その市民との有効な結婚を完了させる目的で入国後90日以内に米国に入国する者に発給されます。もう一人の婚約者は米国市民である必要があります。結婚する人が永住者の場合、Kビザを取得することはできません。また、米国入国後90日以内に結婚しなければなりません。90日以内に結婚しない場合は、米国を出国しなければなりません(米国を出国しない場合は、強制送還の対象となりますのでご注意ください)。

L-1(社内、海外転勤)ビザ
執行役員、管理職、または専門的な知識を持っていること。過去3年以内に、本国のビザ申請企業で連続1年以上勤務したことがあること。エグゼクティブクラス、マネージャークラスのビザの有効期限は最長7年です。

L-2 ビザ 
L-1ビザ保持者の配偶者および子供に発給されるビザです。米国での就労も可能。

O−1(特殊な能力の保持者)
舞台芸術、科学、教育、ビジネス、スポーツの分野で特に並外れた才能を持つことが要求されます。次の条件を満たす必要があります:その才能が国内または国際的に高く評価されていること。その才能に直接関連する分野で米国に滞在していること。有効期間は、仕事の期間+10日間。滞在期間は最長で3年です。就労期間は1年まで延長可能。

O−2ビザ
O-1ビザ保持者の仕事をサポートするために渡米した者に配給されるビザです。有効期限はO-1ビザ保持者と同じになる。

P-1(アスリートまたはアーティスト)ビザ
優れたグループアーティストまたはアスリートであること。米国で開催される競技会に参加するスポーツチームのメンバーまたは個人のアスリートであること。ビザの有効期間は個人の場合5年間です。ビザの有効期間は5年で、最長5年まで延長でき、合計で最長10年です。チームの場合は、業務(競技)終了まで最大1年間有効です。

詳しくは www.theoplegroup.com

”Information by マーク・C・オプリ移民弁護士事務所 - Law Office of Mark C. Ople Immigration

2022年6月更新

戻る