San Diego Town

サンディエゴ
日本

プロに聞く Ask a Pro

カリフォルニアの不動産情報

保科みゆき - REMAX Associates

保科みゆき - REMAX Associates

カテゴリー:不動産
888 Prospect St #200 La Jolla, CA 92037
TEL: (858) 335-3376

レンタルホットライン 1

ここカリフォルニアで、不動産エージェントを通さずにレンタル物件を探す方法をご紹介致します。

ローカルの新聞、ユニオントリビューン紙の日曜日のクラシファイド欄は、レンタル物件のリストが充実しています。また、このユニオントリビューン社のウエブサイトのレンタル物件のリストは、www.signonsandiego.com でもご覧になれます。最近探し物でポピュラーなサイト、www.craigslist.com のレンタルリストも要チェックです。アパート物件を探している方は、最寄りのグローサリーストアーに無料で置いてあるレンタルマガジンなどをご覧になってください。

気になる物件が見つかった際の、お問合せチェックポイントです。

レンタルの管理が個人のオーナーなのか、それとも管理会社がハンドルするのかは前もって確認をしておきましょう。例えば遠くに住んでいるオーナーが自分で管理を行う場合、修理が必要な時など、テナント自身で業者を手配する可能性が高く、ある程度の英語力が必要となります。ここでは一般的なことをリストしましたので参考になさってください。

① 入居可能日
② 入居に当たっての必要金額(最初の月のレント、セキュリティーデポジット、クレジットチェック費など)
③ レント額に含まれていない月々の費用(パーキング、ごみ収集、水道代、電気やガス代、庭師代、TVケーブルなど)
④ リース期間
⑤ リースのキャンセルオプション(リース期間中に引っ越さなくてはいけない場合、一定のキャンセル料を払うオプションがあるのかどうか前もってチェックしたほうが良いでしょう。)

いったんアプリケーションが承認されれば、特に必要になる書類はありませんが、申し込みの時に用意しておく書類についてお話しましょう。

① レンタルアプリケーションは、それぞれのフォームがありますが、一般的に使用されているものをタイプして用意しておくと良いでしょう。このアプリケーションには、ドライバーズライセンスやソーシャルセキュリティーの番号、銀行口座やクレジットカードのインフォメーション、住所や勤務先(過去10年間)などを記載します。
② 簡単なレジメを作成なさることをお勧めします。本当のレジメと違って、簡単な自己紹介、家族構成、仕事内容などをきちんと書式にすることにより、相手側への印象がとても良くなります。
③ Renter’s Insuranceへの加入をお勧めします。費用は年に$250から$350くらいでしょう。こういったテナント用の保険に入っているという事実は、やはり相手側の印象が良くなります。ご自分のミスでの火災や水漏れなどといった事故を考えた場合、保険に入っておけば安心です。また、車の保険と掛け合わせれば、車の保険費用が10%から20%近く安くなるためとても経済的だと思います。尚このテナント用の保険は、個人の財産の保険でもあるため、たとえ家の外で財布などの盗難などのケースもカバーされています。

入居時の物件チェックには?

箇条書きのリストと写真をお使いください。チェック内容としては、タイルのひび割れ、カーペットのしみなど、あなたが引っ越すときにチャージを受けないように気をつけてください。このリストと写真は必ず自分用のコピーを用意してから、オーナーもしくは管理会社に提出してください。

最後に入居してから気をつける点をリストします。

① 第一は、やはりレントの支払いをきちんと行うことでしょう。通常の毎月のレント支払いは、1日です。レートチャージは5日ぐらいまでかかりませんが、できるだけ1日までに支払いましょう。旅行などで家を空けるときは、前もって1日の日付でレントのチェックを郵送し、1日までホールドしてもらうこともできます。
② 隣近所の方とは普段からある程度知り合いになっておいてください。近所の方にご自分の携帯番号だけでなく、オーナーもしくは管理会社の連絡先を教えておくこともお勧めします。不在のときに何か起こった場合はとても役に立ちます。
③ 旅行の前には必ず、近所の方やオーナーもしくは管理会社にしばらく不在になることを伝えておくと良いでしょう。
④ オーナーや管理会社との連絡は、メールがお勧めです。お互いのやり取りが記録に残るため、後で誤解などが起きる可能性が低くなります。
⑤ 何か故障や修理の必要な箇所に気が付いたときは、至急に連絡をしましょう。特にプラミングの水漏れや、天井のしみ(水漏れもしくは雨漏り)などは時間が経てば経つほど被害が大きくなる可能性があり、テナントとしての義務でもあります。迅速な連絡を取ってください。