San Diego Town

新型コロナウイルス(COVID-19)に関する取り組み - 詳細はこちら

サンディエゴ
日本

プロに聞く Ask a Pro

ゴルフコラム

曽我部彰信 - California International Golf Academy 

曽我部彰信 - California International Golf Academy 

カテゴリー:スポーツ
Carlton Oaks International Golf Academy9200 Inwood Dr.Santee, CA 92071
TEL: (619) 504-5032 / FAX: (619) 258-9287

ゴルフのゲームを左右する5つの要素−技術編

下記の図のようにゴルフゲームを左右する要素としてメンタル、技術、体力、戦略、道具が挙げられます。

ゴルフはこれらの要素を磨いていく事で向上していきます。今回はこの中の技術についてお話します。

ゴルフの技術は大きく分けて2つあります。それはスイングとショートゲームです。ショートゲームとは一般的に男性では100ヤード以内、女性では70ヤード以内のショットの事をさします。これらの2つを更に細かくわけると以下のようになります。

○スイング    グリップ、構え、バックスイング、ダウンスイング、リズム
○ショートゲーム   パッティング、チップショット、ピッチショット、バンカー

ゴルフの技術力を向上しようと思ったらこのようにスイングだけでなくパッティングやチップショットなどのショートゲームもトレーニングする必要があります。超一流のプレーヤーやインストラクターは一様に、“練習はスイングとショートゲームを同じくらい練習するのが良い”と言っています。

例えば平均スコア−100の人は大体1ラウンドに30回から40回はパターを使います。と言う事はパターだけでスコア−の30%〜40%を占め、100ヤード以内もしくは70ヤード以内のショットとなるとスコア−の半分以上を占める事になるのです。しかし多くの人達は、スイングに意識が行ってしまい、練習と言えば打ち放し練習場でボールを思いっきり打つ事ばかりになりがちです。レッスンや練習する機会がありましたらスイングだけでなくショートゲームも鍛えましょう。

ゴルフに関する質問等ありましたら、お気軽にお問い合せご相談下さい。asogabe@aol.com