San Diego Town

クチコミ!キャンペーン 最大$200プレゼント!詳しくはココをクリック!
サンディエゴ
日本

プロに聞く Ask a Pro

アメリカ移民法コラム

カズミ & 坂田 弁護士

カズミ & 坂田 弁護士

カテゴリー:法律

国土安全保障書の提案:高度技術移民を引きつけ、保持する対策

包括的な移民改革の一環として、オバマ大統領は新規事業の創造、また競争心を向上させる移民を米国に引きつけ保持させる政策を認めている。例えば、H-1Bプログラムを強化する"スタートアップビザ"の創造や、科学、工芸学、工学、数学を専攻している外国人卒業生の卒業証書と共にグリーンカードを取得可能にすることなど。
これらのアクションは、米国に新規事業と新規投資を引きつけ、世界で最大の高度技術労働人口を持っていることを確保できる。一方では、オバマ政権は改善が可能な地域から改善して行く取り組みをしています。

国土安全保障省は、将来的に完了予定の多数の行政改革を発表しました。これらの改革は、米国へ高度技術移民を引き付け、保持するための行政の継続的な関与を反映しています。
これらの努力は、米国の経済回復と雇用創出を継続するために重要です。オバマ大統領は年頭教書で、「アメリカは常にイノベーションで成り立っている。ほとんどの新規事業はベンチャー企業や中小企業で構成されます。」
と述べていました。また今年の5月にエルパソでは、「近年、米国の25%のハイテクベンチャー企業は移民が立ち上げ、20万人以上の雇用につながった。」この発言に同意する職業評議会は「高度技術移民は仕事を創出し、仕事を取ることはありません。」

以下の取り組みは、米国をより魅力的にし多くの外国人留学生や労働者を引きつけるでしょう。それによって世界市場における米国企業の競争力を向上させ、米国の雇用創出を刺激する。
科学、技術、工学、と数学(STEM)を専攻しているF-1留学生のOPTトレーニングの17ヶ月間延長のための適格を増やすF-1学生の配偶者のためのパートタイムstudyを可能にし、外国人留学生を登録するための国土安全保障書によって認定されている学校にいる、Designated School Officials (DSOs) の人数をふやす。

特定のH-1B保持者の配偶者の就労許可を提供する
優れた教授や研究者に対象範囲がより広い学籍を発表する機会を与える。
ステータスの延長の申請が保留になっている間にオーストラリアからのE-3ビザ保有者とシンガポールとチリのH-1B1ビザ保有者が最大240日間まで現在の雇用主での労働を継続できるようにするための規則を調和させる。

客員企業制度を起動します。