San Diego Town

新型コロナウイルス(COVID-19)に関する取り組み - 詳細はこちら

サンディエゴ
日本

サンディエゴタウンがゆく!

プロに聞く Ask a Pro

鍵山学の簡単不動産アドバイス

鍵山 学

鍵山 学

カテゴリー:不動産
1299 Prospect St, La Jolla, CA 92037
TEL: 858-952-9658

コロナウイルス関連 4/11/2020~の動き - 賃貸市場とスモールビジネス関連

novel coronavirus and real estate今週アメリカの失業率は3,160万人のアメリカ人が自宅待機に迫られたため、これまで以上に多くなりました。しかし同時に、賃貸市場に希望の兆しも見られました。約70%の世帯が家賃を支払う方法を見つけ、家主・プロパティマネジメントへの家賃支払いに対する理解と協力により、新規契約件数は減少したものの、ZILLOWやTRULIAなどの賃貸サイトへのアクセス数は増加しており、パンデミックが収束すれば、テナントの引越しへの関心が再び高まる可能性を示唆しています。

これらの賃貸市場の指標を検討する上で、今週の記事では、CARES法の2つのについてお話しします。業界団体が議会に求めている資金額と、中小企業が従業員の給与を維持するための資金調達に直面している困難です。多くの中小企業では、申請を行ったものの、実際に現金を手に入れた企業は少なく、今週4月16日にPPP、EIDLの両方の申請は締め切られてしまいました。

4月の賃料、リース金利、CARES法の影響
賃借人世帯の69%が4月5日までに家賃を支払っており、81%が期日通りに支払っていた前月から12ポイントも減少しています。多くのアメリカ人が仕事に就けず、経済的にも厳しい状況にあるため、5月1日の賃貸市場へのパンデミックの影響は、5月1日の賃貸サイクルまでに明らかになると思われます。

賃借人が退去の通知を取り消したり、既存の賃貸契約を更新したりするため、新規の賃貸契約は前年比で40%減少しています。しかし、ウイルスがコントロールされれば需要が回復する兆しがある。賃貸サイトでは今週、先週よりも閲覧数が増えました。

業界団体は、CARES 法の欠陥に対処するための更なる立法を求めています。NMHCとNAAは、賃貸人、不動産所有者、多世帯住宅会社、住宅ローンのサービサーをより良く支援するために、救済措置を拡大するよう議会に要請しています。

より多くの企業が縮小またはシャッットダウンを余儀なくされたため、今週は660万人のアメリカ人が失業を申請し、請求の総数は約1700万人に達しました。これに対応して、連邦政府は一部の労働者の失業給付を拡大しましたが、やはりおウェブサイトへの過剰な負荷とアクセスの急増が多くの労働者の申請を妨げています。

スモールビジネス起業は、スモールビジネス側からの圧倒的なローン需要が、貸し手の間での混乱により、各企業に必要な資源を得るのに苦労しています。多くのスモールビジネス牡オーナーは、CARE法によって中小企業のために確保された3,500億ドルでは、変化をもたらすには十分ではない(あるいは十分に迅速に到着しない)と感じており、水曜日の午後の時点で、SBAはすでに、総額1000億ドルに達する38万件の申請を受けていた。前述したとおり、4/16日の木曜日には申請が締め切られました。

今後は、各サービス、ビジネスや、店舗がいつ再開されるかと、再開に当たってウイルスの広がりを抑える方法を模索していく動きになると思います。