San Diego Town

お仕事探し強化月間 求人広告 1ヶ月1件$70 or 無制限掲載$120
サンディエゴ
日本

プロに聞く Ask a Pro

Alpha Dental歯科医院

サンディエゴ ラメサ 歯科 アルファ デンタル

サンディエゴ ラメサ 歯科 アルファ デンタル

カテゴリー:健康
4276 54th Place., Suite D, San Diego, CA 92115
TEL: (619)997-0606

歯ぎしり、顎関節症について

歯ぎしりは夜だけでなく昼にも起こります。音のあるものだけでなく、音の出ない歯ぎしりをしている人もいます。

歯ぎしりはストレスや噛み合わせが原因といわれています。そして歯ぎしりは睡眠の妨げになるだけではなく、歯周病を悪化させたり、歯をすり減らし、歯の寿命を縮めたり、顎関節症を引き起こしたりします。

歯ぎしりの症状歯ぎしり

クレンチング(噛みしめ、食いしばり)
タッピング(カチカチと噛む)
グラインデング(ギリギリと音がする)

歯ぎしりの治療法

1.噛み合わせを調整する。

何かの原因で抜けた歯をそのまま放っておくと、噛みあわせがばらばらになり、歯ぎしりの原因になることがあります。このときは義歯などを使って、噛み合わせを正常にすることが必要です。

2.マウスピースやスプリント(マウスピース)

眠っているときには歯ぎしりを意識的に止めることができません。そのような時はマウスピースをはめたまま眠るのが効果的です。歯科医院で簡単に作ることができます。またプランによっては 歯科保険が適応されます。

3.歯ぎしりに気づくこと(原因がストレス、心因性による場合)

歯ぎしりは眠っているとき、何かに夢中になっているときの出ますので、自分ではなかなか気づきにくいです。家族の人に聞いてみることも大切です。

顎の関節が痛い

口を開けようとすると「顎が痛い]「カクカク」または「じゃりじゃり」と音がする、[口が開かない」と言うような症状があるとき、その多くが顎関節症です。最近、それらの症状を訴える人が多いのに驚かされます。

顎の関節の異常といってもカクカクと音がするだけであれば、日本人の半分ぐらいの人にあるといわれてますが。これだけなら、とくに治療の必要はありませんが、顎関節症の最初のサインと考えてよいでしょう。音がする方のうちの20%くらいに痛みが出たり、口が開けづらくなったりする症状が出ます。ここからは治療の対象となります。

顎の関節は耳の穴の前にあります。この部分に指をあてて口を開け閉めすると、関節の動きがわかります。この関節は関節窩、関節頭、そしてそれらの間に挟まる軟骨の関節円板で構成されてます。

食べ物を噛んだりしているときは、下の顎の関節頭は関節窩の中で回転してますが、大きく口を開けると、関節窩よりも前に移動します。このとき、関節円板は関節頭とともに大きく前方に動き、クッションの役割を果たしています。この関節円板がすり減ったり、変形した場合、口を大きく開けるたびに関節頭が関節円板にぶつかって、カクン、カクンと音がなるのです。

おもな症状

1.急性の痛み

口を開くときや食べ物を噛むときに痛い。あくびやクシャミ等、口を大きくあるいは速く動かすと痛い。何もしてなくても痛い。耳の前(関節部分)を外から押すと痛い。

2.あまり大きく口が開かない

痛みのせいで口が大きく開けられない場合と、関節自体の動きが制限されてしまい、口が開かなくなる場合があります。指が3本たてに入らないと異常だといわれてます。

3.顎や首、頭が重く、とても痛い

夜、歯ぎしりをしている方や昼間に食いしばりをする方の場合に多く見られます。

歯をきつく食いしばると、顎の関節と関節円板が強く押されるため、そして噛むための筋肉が異常に緊張するため、顎や首が、頭が痛くなります。

顎の関節に最も悪いことは、「歯を食いしばる」ことです。これによって、顎の関節にも周囲の筋肉にも過激な負担がかかり、顎関節症の原因の一つとなります。

昼間の起きている時間であれば、食いしばりには気づくことができますから、まず自分で食いしばっているかどうか、気をつけてみてください。

次の事柄は顎関節に負担が大きいので、症状のある人は避けたほうがよいでしょう。

*ガム、フランスパン、スルメなど固い食べ物を好んで食べる
*片側で噛む癖がある。
*うつぶせや片側を向いて寝る
*枕が高い
*ほおづえをつく癖がある
*電話を肩にはさんで話す

また、同じような原因が重なっても症状が出る人と出ない人がいます。

人によっては関節や筋肉の耐久力が違うため、たくさんの原因があっても症状が出ない人もいますし、少しの原因でも症状が出る人がいるのです。そして、原因を積み重ねていくことで、その人が持っていた耐久力の高さを超えてしまうと症状が出てきますので、その原因を一つひとつ取り除くことで症状を軽減させることができます。

一般的な顎関節症の治療は、歯科医で歯型を取ってもらい自分専用のマウスピースを作ってもらうことが一番よいのです。歯ぎしりは主に睡眠中に行われるので、歯軋りで歯を削られるのを防ぐため、上下の歯が擦られないように、夜間マウスピースを装着します。もちろん夜寝るときだけでなく日中も使用しても大丈夫です。