San Diego Town

新型コロナウイルス(COVID-19)に関する取り組み - 詳細はこちら

サンディエゴ
日本

プロに聞く Ask a Pro

鍵山学の簡単不動産アドバイス

鍵山 学

鍵山 学

カテゴリー:不動産
1299 Prospect St, La Jolla, CA 92037
TEL: 858-952-9658

サンディエゴのオフィス商業不動産市場の以外な活況 - コロナ禍でのハイテク企業の進出

office business real estate market

コロナ禍での商業不動産の全国的な価格、賃貸価格の低下を招いている今、サンディエゴの商業不動産の現状をお伝えします。不安視されていた、コロナ禍でのサンディエゴ不動産マーケットですが、予想に反して、住宅価格は高騰を続けており、また特に悪影響が出ると予想されたサンディエゴの商業不動産(オフィス)市場にも明るい話題が出てきました。

アマゾンはサンディエゴでの事業を拡大しており、UTC/ユニバーシティシティに40,000平方フィートのオフィススペースを追加し、今後数年間で200人の従業員を雇用する予定です。

シアトルに本拠を置くオンラインショッピングの巨人は、サンディエゴが全国の6つの「テックハブ」の1つであることを火曜日に発表しました。

アマゾンは現在、アマゾン・ゲーム・スタジオでのビデオゲームの開発から、小売/食料品のソフトウェア・エンジニアリング、人工知能/データ・サイエンスに至るまで、さまざまな職種で約500人の技術職をこの地域で雇用しています。アマゾンは約2年前にオフィスを開設し、現在は70人の地元の求人をウェブサイトに掲載している。

このオフィスの拡大に伴い、アマゾンは、世界中のインターネットアクセスがない、あるいは貧弱な地域に高速ブロードバンドを提供するために、低軌道地球衛星のコンステレーションを打ち上げようとする同社のイニシアチブであるプロジェクト・カイパー(Project Kuiper)のハードウェアとソフトウェアのエンジニアリングなど、技術分野の従業員を追加していく予定です。

アマゾンのサンディエゴ・テック・ハブの責任者であるイゴール・フォン・ニーセンは、「今後もこの地に投資を続け、コミュニティに新たな雇用機会を創出していきたいと考えています」と述べています。

サンディエゴには、Viasat、Qualcomm、Cubicなど、衛星や通信ネットワークの専門知識を持つテクノロジー企業がすでにいくつか存在しています。

また、アマゾンのサンディエゴ拠点では、同社のファッションテックチームの一員として、ファッション商品のオンラインショッピング体験を向上させる技術にも取り組む予定です。

「アマゾンがサンディエゴのテックハブで継続的に成長を続けていること、そしてこの200人の新しい雇用を創出したことは、このコミュニティの強力で多様なテック人材の存在を証明するものです」とフォン・ニーセンは述べています。

今回の地元での発表は、北米におけるアマゾンのテックハブネットワークの全国的な拡大の一環です。また、ダラス、デンバー、デトロイト、ニューヨーク、フェニックスのテックセンターでも雇用を拡大し、合計3,500人の新規雇用を約束すると述べています。

全体では、アマゾンは米国とカナダで18のテックハブを運営しています。

2018年、アマゾンはUTC/ユニバーシティシティの10300キャンパスポイントドライブにある約10万5000平方フィートのオフィスに移転しました。今回の新たな拡張で、アマゾンは同じ建物内に追加のスペースを得ることになります。

アマゾンは数年前から同地域で物流施設を運営してきましたが、キャンパスポイントの施設は同地域では初の大規模なテクノロジー/エンジニアリングのハブとなりました。

サンディエゴは約3年前、アマゾンの第2本社の土地を確保するために入札を提出しました。同社の広報担当者によると、この選考プロセスはサンディエゴをはじめとする他の都市にとっても有益なものであり、各都市が、アマゾンへ各都市の人材の優秀さ、豊富さをアマゾンにアピールしたことで、現在では進出先の決定の指針となっているそうです。

サンディエゴは、Google、アマゾン、ウォルマート・ラボとアップルがそれぞれに拠点を置き、過去数年間で各ITのサテライトオフィスを開く大規模なハイテク企業の増加を見てきました。アップルは、その中でもサンディエゴ進出に最も積極的でした。 報告によると、地域で複数の建物をリースしています。 不動産調査会社Co Starによると、60万平方フィート以上のオフィススペースをリース中です。アップルは、サンディエゴで1,200の雇用を創出する計画だと述べています。

これらの新しい衛星ハイテクオフィス、バイオテック/ライフサイエンス企業からの需要とともに、パンデミック下の現在でも、サンディエゴの商業不動産、オフィスリース市場は、最悪の状態から商業不動産市場の下落を防いでいます。

商業不動産仲介業者のCBREによると、ハイテク企業が賃貸しているオフィススペースは、前四半期に全国で46%減少したものの、サンディエゴはワシントン、D.C.、アトランタと並んで、ハイテクオフィスの需要が増加した3都市のうちの1つでした。サンディエゴは第4四半期に365,000平方フィートのテックリースを発生させ、2019年の四半期平均から58%増加しました。

「我々は、世界的なコロナの大流行の中にあっても第2四半期は好調でした。サンディエゴのテック市場の将来について強気であり続けています。」とCBREのサンディエゴオフィスの第一副社長であるアンディ・エワルド氏は述べています。

2010年以来、アマゾンはカリフォルニア州で91,000人の雇用を創出し、フルフィルメントセンター、配送ステーション、プライム・ナウ・ハブなどのインフラ整備を含め、州全体で500億ドルを投資してきたと述べています。