San Diego Town

サンディエゴ
日本
JOL
Japanese-Online.com
FREE Online Japanese Language and Culture Resource

タウン情報 Town Info

宮本ガン美紀子法律事務所 - The Law Office of Mikiko M. Gunn

宮本ガン美紀子法律事務所では、リーズナブルな弁護士料で、日本人弁護士ならではの丁寧なリーガルサービスをご提供致します。移民法、エステートプランニング(相続法・資産法)、IEP(特別支援教育法)を専門に取り扱い。
宮本ガン美紀子法律事務所
The Law Office of Mikiko M. Gunn
宮本ガン美紀子法律事務所
The Law Office of Mikiko M. Gunn

law宮本ガン美紀子法律事務所では移民法、エステートプランニングとIEP(特別支援教育法)を専門に、リーズナブルで、日本人弁護士らしい迅速かつ丁寧なリーガルサービスをご提供いたしております。

アメリカでご夫婦やご家族で一緒に暮らせますように、また、アメリカで夢を叶えられますように、法律の面でお手伝いさせていただきたいと思っております。そして、アメリカで暮らされる方の大切なご家族と財産をお守りするお手伝いをさせて下さい。

移民法に関しての初回相談は無料となっております。また、移民局へのご提出前のビザ申請書類見直しサービスをリーズナブルな価格でご提供しております。

また、障がい児を育児中である当事務所弁護士が、アメリカにお住まいの障がい児をおもちになるご家族のリーガルサポートもご提供しております。Special Education Law (特別支援教育法) やIEPに関してのコンサルテーションを行っておりますので、是非、ご相談ください。

当事務所弁護士への直通電話番号には日本語でのテキスト(SMS)も可。

主な取扱分野

  • Immigration移民法
    • 移民法初回相談無料
    • リーズナブルなビザ申請書類見直しサービス
    • グリーンカード申請(家族・結婚・雇用ベース、また在日大使館・領事館でのプロセス)
    • 市民権取得
    • ビジネスビザ(EB-1、EB-2、EB-3、E2ビザ、J-1ビザ、H1-B、L-1ビザ等)
    • 学生ビザ
    • 婚約者ビザ(K-1、K-3ビザ等)
    • その他
  • エステートプランニング
    • 初回相談 ご自宅やご勤務先へもお伺い致します(週末可)
    • リビングトラスト(生前信託)
    • 遺言書
    • 医療事前指示
    • 永続的財産委任状
    • 未成年・障がい者の後見人の選任
    • スペシャルニーズトラスト(障がい者の為のトラスト)
    • その他
  • IEPやSpecial Education Law (特別支援教育法)についても取り扱っております。

宮本ガン美紀子弁護士

Mikiko Miyamoto Gunn日本生まれ日本育ち。ウエスタンミシガン大学で政治学の学士号を取得後、サンディエゴにあるトーマスジェファソンロースクールにて法学博士号を取得。

その後、カリフォルニア州弁護士資格取得。現在、カリフォルニア州弁護士会、サンディエゴ弁護士会、AILA(アメリカ移民法弁護士会)などに所属。

コラム執筆中!

難しい法律の説明や困った状況の時に役立つコラムを書いています。

宮本ガン美紀子法律事務所コラムを読む  

サービスをアーバインへ拡大!

アーバインオフィスでもサービスをご提供致します。事前にご予約下さい。
Irvine Spectrum Center
300 Spectrum Center Dr, Suite 400, Irvine, CA 92618
(858) 432-6131
メールで問い合わせ


皆様からのクチコミ

  • 今回、Estate PlanningのLiving Trustを作成する為、宮本弁護士にお願いしました。初日から、詳しく話を聞いていただき、堅苦しくなく質問できました。色々なアドバイスも勉強になったので、迷わずお願いすることにしました。短い期間だったのですが、迅速、計画的、几帳面に仕事をしておられ、..

  • 先日、E2ビザの更新手続きの為の書類、手続きをお願いしました。無事何の問題も無く、安心して更新できました。私もこちらで子会社を任されているので、こう言った相談をする先に悩んでおりましたが、一度お会いしてみると、直ぐとても仕事にまじめな方と感じましたし、任せられそうだと感じました。 以前はこう言った..

  • 一般情報
  • コンタクト
  • 地図
  • クチコミ(2)
  • コラム
住所3111 Camino Del Rio North, Suite 400, San Diego, CA 92108
Tel(858) 432-6131
E-mailinfo@mikikomgunnlaw.com
ホームページhttps://www.mikikomgunnlaw.com/
担当Mikiko Miyamoto Gunn
ソーシャルメディア
営業時間月~金:9:00am - 5:00pm(祝日を除く)
備考電話番号は日本人弁護士直通、日本語テキスト(SMS)も可。お気軽にどうぞ。

このショップ(企業)に直接お問い合わせが送信されます。

お名前
E-mail
コメント
認証
合計2件のクチコミ(平均
  • Yogi15 07/23/18

    今回、Estate PlanningのLiving Trustを作成する為、宮本弁護士にお願いしました。初日から、詳しく話を聞いていただき、堅苦しくなく質問できました。色々なアドバイスも勉強になったので、迷わずお願いすることにしました。短い期間だったのですが、迅速、計画的、几帳面に仕事をしておられ、感心します。私達もスムーズに書類作成が終わり、価格も適正なので、宮本弁護士に依頼して良かったと思いました。

  • kumagoro 07/20/18

    先日、E2ビザの更新手続きの為の書類、手続きをお願いしました。無事何の問題も無く、安心して更新できました。私もこちらで子会社を任されているので、こう言った相談をする先に悩んでおりましたが、一度お会いしてみると、直ぐとても仕事にまじめな方と感じましたし、任せられそうだと感じました。
    以前はこう言った事を大きな法律事務所にお願いしていたので、今回少々不安もあったのですが、実際、依頼した後はとてもスムーズに、期限も内容も明快で作業しやすく、準備する書類も明確に指示していただいて、難しいと感じずにVisa更新をする事ができました。
    直感で信頼できると感じましたし、更新後は夫婦揃ってMikikoさんにお願いしてよかったと感じております。相談も気軽にできますし、とても気遣い頂いたメールの連絡、フォローアップも頂きました。 私は次回のVISA更新、その他移民法関連で相談あるときは、Mikikoさんにお願いしようと思います。

もっとクチコミを見る

アメリカ生活 役に立つ法律知識

  • 09/12/18
    移民局への提出証拠:友人や親族に宣誓供述書を書いてもらう際に気をつける点 アメリカ市民やグリーンカード保持者と結婚すると、移民局へグリーンカードの申請や婚約者ビザの申請をすることになります。その際、カップルやご夫婦の婚姻関係や婚約関係が誠実な関係であって、虚偽のものではないことを証明する必要があります。また、2年間の条件付きグリーンカードの条件解除の申請の際にもグリーンカードを取得してからの2年間、誠実な婚姻関係を続けてきたのかどうか、グリーンカード取得の為だけの虚偽の..
  • 08/06/18
    アメリカに会社を設立したい!L1ビザ?E1ビザ?E2ビザ?どのビザが一番いいの? Q. 日本にある企業で、海外事業部部長として勤めています。この度、アメリカに子会社を設立することとなり、アメリカでの事業を任されそうなのですが、どのような種類のビザを取得すれば良いでしょうか?A.Eビザはアメリカと通商条約を結んである国の市民のみが取得可能です。日本はそのうちの一つです。Eビザは一度取得すると5年間有効で、更新回数に制限はありません。Eビザ申請を始めるには、まず、Eビザ企業登録を済..
  • 07/25/18
    エステートプランの中身 一般的なエステートプランの中身例 さて、一般的なエステートプランにはどのような書類が含まれているのでしょうか。例えば、ご結婚されていて、ご夫婦のお子様がおひとりのみの場合、当事務所では以下の書類を含むエステートプランをご提供しています。 リビングトラスト合意書ご夫婦お二人共が、リビングトラストを作成する意志のあることを記し、受取人と受託者を指名してある書類。受託者の義務と責任、また指定受取..
  • 07/17/18
    再入国許可証について Q: グリーンカードを取得し、アメリカに住んでいます。日本に住む高齢の父親が手術を受けることになりましたが、母も亡くなっており、私以外に世話のできる者がいません。私の子供も独り立ちしているので、父のお世話のために日本に滞在したいと考えています。日本に長期に滞在しても、問題はありませんか。A: アメリカ国外に1年以上滞在しなくてはならない場合には、再入国許可証を取得されることをお勧めします。再入国許..
  • 06/01/18
    永住権(グリーンカード)条件解除について Q:    アメリカ市民と結婚し、2年間有効の条件付きグリーンカードを取得しました。条件を解除するには、いつ、どのような手続きを行えばいいですか。A:     アメリカ市民との結婚によりグリーンカードを取得した場合は、このグリーンカードは発行日から2年間の有効期限付きです。その有効期限日の90日前から、条件解除の申請書を提出することが可能..

もっとコラムを読む