San Diego Town

サンディエゴ
日本

タウン情報 Town Info

マーク・C・オプリ移民弁護士事務所 - Law Office of Mark C. Ople Immigration

お客様とお客様のご家族の為に、要望に応じた適切なアドバイスを自信をもって提供します。~日本語で相談できます!~ 当事務所はバイオテクノロジー、エンジニアリング、コンピュータ設計、テレコミュニケーションなどのハイテク産業の雇用に基づく移民法を主要な業務分野としています。特にE、H、L、P、TN、Oビザなどの非移民雇用ビザを取得して米国で働くことを希望する外国人、および永住権/移民ビザ(「グリーンカード」)を申請する米国企業の代理人を務めています。
サンディエゴタウン見た方は、初回コンサルテーション無料!日本語対応可。
サンディエゴタウンを見た!とお伝え頂くと初回コンサルテーション無料!  

Law Office of Mark C. Ople, Esq.

20年以上の豊富な経験を持ったアメリカ人弁護士が在籍し、様々なビザに対応できる実績がある事務所です。日本人スタッフもいるので安全、安心して相談できます。

サンディエゴは隣国メキシコに接する都市であるため、移民問題に関する案件が多く、米国移民法に基づく質の高いビザ取得サービスを提供しています。どうぞ、お気軽にご相談ください。

Mark C. Ople

hand shakeお客様とお客様のご家族の為に、要望に応じた適切なアドバイスを自信をもって提供いたします。

取り扱いビザ

移民ビザ

グリーンカードなどのあらゆる種類の移民申請を行っています。

非移民ビザ

J、P、Rビザ。特にE、H、L、P、TN、O ビザを得意としています。

その他

市民権の申請。従業員のためのビザを確保したい企業と定期的に直接取引をしています。

よくある問い合わせ

移民ビザ

  • 移民ビザとグリーンカードの違い
  • 5つのアメリカ永住権取得方法とは?
  • 永住権を取得して何年にもなります。米国市民権の取得を考えていますが、母国で国籍がなくなるのではと心配です。どうなりますか?

非移民ビザ

  • F-1学生ビザを取得するのは難しいですか?
  • アメリカ国内で新しい仕事を見つけました。新しい雇用先へH-1Bビザを変更する方法を教えて下さい。
  • H-1Bビザ抽選枠に選択されなかった場合、次のオプションは?

その他

  • 市民権取得のメリット・デメリット
  • 市民権取得は簡単ですか?
  • 市民権取得の際の面接準備など
  • 最近離婚したため、自分の名前を変えました。永住権の名前は、まだ結婚当時のものです。どうすれば変更できますか?

他州・日本からもお気軽に日本語でお問い合わせください!
ZoomやMicrosoft Teams等での受付可能。

telAmerican Immigration Lawyers Associationお問い合わせ:
(858) 263-3360
日本語でのご相談は忍まで

tel
お問い合わせ:
(858) 263-3360
日本語でのご相談は忍まで

American Immigration Lawyers Association

  • 一般情報
  • コンタクト
  • 地図
  • クチコミ(2)
  • コラム
住所9920 Pacific Heights Blvd, Suite #150, San Diego, CA 92121
Tel(858) 263-3360
Fax(858) 263-3201
E-mailinfo@theoplegroup.com
ホームページhttps://www.theoplegroup.com/
担当日本語でのご相談は、忍まで
ソーシャルメディア
営業時間月~金:9am - 5pm

このショップ(企業)に直接お問い合わせが送信されます。

お名前
E-mail
コメント
認証
合計2件のクチコミ(平均
  • 匿名ユーザー 05/13/22

    娘が学生ビザで留学して、語学の勉強中にアメリカ人の彼と出会いめでたく婚姻をする事になり、グリーンカードの手続法が全く分からず困り果てていた時にマークさんに出会いました。
    マークさんは人柄も温厚で親切そして、丁寧に説明して頂きました。
    日本語も対応可能なので非常に安心しました。

  • 匿名ユーザー 03/12/22

    とっても弁護士のマークさん、気さくな人で事細かく教えてくれてパーフェクトにやってくれるし、色々不安がある事を話すと丁寧に教えてくれて、通訳のしのさんもとてもフレンドリーな感じでとっても安心しました!もし、弁護士頼むのであればここおすすめです

もっとクチコミを見る

ビザについて教えて!マーク・C・オプリ移民弁護士!

  • 05/03/22
    非移民ビザ 予約の敏速化 COVIDの大流行により、海外渡航は予断を許さない状況となっています。各国ごとに状況が異なり, 変化が激しいため、ビザの取得がより複雑になっています。 領事館は、限られた資源、他の責任、国の状況とのバランスを取りながら、通常のビザ業務を拡大しなければなりません。その結果、タイムリーな ビザ予約は常に可能とは限りません。 領事館によって、迅速なビザ予約の申請方法が異なります。   ..
  • 04/06/22
    CBP(税関・国境警備局)は、LビザおよびEビザ配偶者の就労許可I-94の発行を開始。 ~ LおよびE配偶者の雇用許可に関する詳細について~   前コラムのフォローアップ情報となりますが、引き続きLビザEビザ配偶者の方々へ有効な情報。USCISの訴訟の和解により、Lビザ及びEビザ扶養家族である配偶者がそのステータスに付随して合法的に働くことができる事がようやく認められたため、税関国境警備局(CBP)は、EADを申請せずに働くことのできる配偶者をI-94入場記録上に指定する入場システムを更新しました。   LとE..
  • 03/09/22
    H-4/L-2/E-2扶養家族の雇用許可について 2021年11月12日、米国移民局(USCIS)は、雇用許可および資格に付随する雇用許可の自動延長に対応するポリシーアラートを発行しました。 特に、このポリシーアラートは、E-2被扶養配偶者の就労許可についても言及しています。 具体的には,- H-4、L-2、E-2配偶者も一定の条件を満たせば、最長180日間まで雇用許可とEADの自動延長を受ける資格があります。- L-2扶養配偶者と同様に、US..

もっとコラムを読む