サンディエゴタウン San Diego Town

サンディエゴタウンがゆく!噂のお店・スポットをスタッフブログで紹介!
サンディエゴのレストラン、観光、求人、車、家、ホテルなどの情報ならサンディエゴタウン

この街発見[くじら学園 - Kujira Gakuen]

この街発見[くじら学園 - Kujira Gakuen]

現在7名の専任教師、園長、会計担当者を雇用しています。副園長、カリキュラム、庶務、図書、総務等の係や教室内でのヘルパー、運動会や発表会などの行事の企画と実施は、保護者全員に担当が割り当てられ学園が運営されています。幼児部では、日本の四季に合わせたカリキュラムに基づき、歌、リズム遊び、伝承遊び、言葉遊び、工作、日本の文化の紹介、紙芝居、本の読み聞かせ等も行っています。年長組では、ひらがなの読み書きの時間を作り、楽しく子供たちにひらがなや言葉を覚えるよう工夫されています。


今回はサンディエゴにある日本人幼稚園・小学校のくじら学園を取材させて頂きました。

写真からもお分かり頂けるように、青空の下で子供たちが伸び伸びと遊んで、勉強できる日本語補習校をここサンディエゴで見つけました。 くじら学園は1987年9月にボランティアグループが集まって誕生し、当時幼稚部しかありませんでしたが、2011年には、継承語日本語教育機関となる1~3年生を対象とした小学部も設立し、習字の授業も取り入れています。


日本語学校だけあって、10月には運動会、11月には一般の方も参加できる秋祭りなど、まるで日本のような様々なイベントが開催されています。 くじら学園は今も多くのボランティアの方々で成り立っていて、行事には卒業生のみなさんも手伝いに参加してくれます。 決して大きくはないサンディエゴの日系コミュニティーならではのアットホームさが感じられました。保護者の方々もこの活動によってコネクションができて、それが力を生み出し、サンディエゴのコミュニティーにとって大きなメリットにつながっているそうです。


日本の教育では何をするにも行動を共にすることが多いが、アメリカでは自由にやりたいことをする。 もし日本でアメリカのように自由で、目立った行動を取ると「出る釘は打たれる」そのような文化の違いもあるそうです。 その反面で日本は集団行動ができる団結力を生み出す力があります。ここくじら学園ではそのような日米両国のメリットを生かした教育が受けられます。

小さいお子さんがおられる方、またはボランティアにご興味のある方、ぜひ一度見学されては如何でしょうか。

 

 

このショップの詳細を見る

掲載日:2014/03/18

ベイサイドオート ( Bayside Auto ) 日本水準の技術で 板金・塗装

Hancock International College 4月10日までESLクラスが$299! 世界各国から集まる学生と集中的に少人数制で実践英語を習得