San Diego Town

サンディエゴ
日本

タウン情報 Town Info

トラスト・会社法・雇用法・契約・不動産法 弁護士 岩浪総合法律事務所 - Iwanami Law Office

貴方の財産、ビジネス、権利を守ります。 岩浪総合法律事務所では、あなたの財産、ビジネス、権利を守る為にトータル法務サポートを提供しています。取扱い分野は、会社(NPO)法、雇用、労災、不動産、リビングトラスト、DUI(飲酒運転)など。詳しくはウェブサイトをご覧ください。
会社法、雇用、労災,リビングトラスト、飲酒運転など皆様の目線でお手伝い

岩浪総合法律事務所

岩浪総合法律事務所では2005年の設立以来、「貴方の家族、財産、ビジネスを守ります」をモットーに、広範囲での法務サポートを提供させていただいています。南カリフォルニアでは日系唯一の総合法律事務所で、 20年の訴訟経験を持つ代表弁護士岩浪牧子は、顧客層は上場企業から個人まで、お客様と同じ目線での法務を行っています。

電話で20分までの無料初回相談、様々なタイトルの無料セミナーなど実施など、お客様にとって敷居の低い事務所を目指しています。

(619)551-4900またはkmiwa2013@gmail.comまでお気軽にお問い合わせ下さい。

主な取扱い分野

リビングトラスト

  • リビングトラストや遺言状の作成、見直し、その他アドバイス
  • プロベート手続き
  • 名義変更

会社法(NPO)

  • 会社(NPO)設立、Business License 等についてのアドバイス
  • 会社経営に関する法務、アドバイス
  • コンプライアンス、アセットプロテクション
  • 雇用法
  • 労災

その他

  • 契約書、リース作成及びリビュー
  • 不動産売買・賃貸の仲立ち
  • 飲酒運転(DUI)の弁護

ちょっと気になる!?
法人(企業・会社、団体等)および個人向けの各種顧問

bullet
顧問プランA
月額$350
月8時間までの電話又は電子メールでのコンサルテーション。

他のプランもありますので、お問い合わせ下さい。


民法コラム絶賛掲載中!

カリフォルニア州にお住いの方への法律豆知識などをご紹介しています。皆様からのご質問もお受けしています。

 コラムを読む


インターン募集中!

法律事務所で経験を積んでみませんか?

 応募する



Kate M. Iwanami岩浪法総合律事務所・代表弁護士の岩浪牧子

東京都青梅市出身。LA市内のSouth Western University School of Lawをトップ5%の成績で卒業。在学中より裁判所や法律事務所で働いて実務経験を積み、数々の民事訴訟を受け持ち、2005年に独立し岩浪総合法律事務所をオープン。それ以来、民事訴訟だけでなく会社・契約・リビングトラスト・DUIなど広範囲の法務を日本語でサポートし、クライアントはレストラン、製造業、小売店、サービス業、不動産投資家など多岐に渡る。 また、雑誌・新聞などの法律コラムへの執筆も多く、数々のNPOや団体でのセミナー講師を、また、「カリフォルニア労働省専属弁護士」や「カリフォルニア高級裁判所裁判補」を務めた経験もあり、現在は「フットヒル弁護士会理事」を務める。

オフは、レスキューした愛犬たちと遊んでリフレッシュ、ピアノ歴は30年で、今でも気分転換に鍵盤を爪弾きリラックス。



  • 一般情報
  • コンタクト
  • 地図
  • クチコミ(0)
  • コラム
住所3952 D Clairemont Mesa Blvd., #425, San Diego, CA 92117
Tel(619) 551-4900
E-mailkmiwa2013@gmail.com
ホームページhttp://iwanamiusa.web.fc2.com
ソーシャルメディア

このショップ(企業)に直接お問い合わせが送信されます。

お名前
E-mail
コメント
認証
合計0件のクチコミ(平均

民法よくあるQ&Aセッション

  • 10/01/18
    会社運営について(二) 前回は会社の立ち上げの際に必要になってくる手続きについてお話しましたが、今回は会社を維持していくために必要な手続きについてお話したいと思います。多くの方が会社を立ち上げる理由の一つに事業を会社責任で行い、個人責任を避ける、すなわち、自宅や自分の資産をビジネス上の債権の対象から外したいということがあります。この目的を達成するには会社の登録をして、会社名義でビジネスを行うというだけでは不十分です。会社..
  • 09/17/18
    会社運営について(一) ビジネスを始める際に、会社を立ち上げる方が多々いらっしゃいます。それ自体は悪いことではないのですが、会社を「立ち上げ」っぱなしというのではせっかく設立した会社が全く機能していないことになります。今回は、会社を立ち上げた後のことに触れたいと思います。カリフォルニアで会社を立ち上げるには立ち上げ資金の最低投資額というのは法的にはありません。会社を立ち上げるときには、州に定款を提出します。カリフォルニア..
  • 06/11/18
    遺産相続法について - Estate Planning Estate Planという言葉を聞いたことのある方はあまりいないと思います。その反面、リビングトラストという言葉は聞いたことのない方の方が少ないと思います。Estate Planというのは自分の財産の使い道、遺産の分配方法、自分の身になにかあった時に自分自身や未成年の子供についての決断を誰に任せるか、などを予め決めておく(プランしておく)ことを言います。リビングトラスト、遺言状、リビングウィルな..
  • 05/29/18
    契約法・初歩編 - Contract アメリカは契約の国とも言われます。その理由は違う文化を持った移民たちが日々の暮らし、ビジネスをするうえで、契約という約束事をしておかないと、皆がばらばらの言動をしてしまい、生活やビジネスが成り立たないからだといいます。契約とは個人同士の取り決めごとで約束を破ったからと言って罪になるものではありません。約束をを破ること、つまり契約違反によって発生するのは賠償金支払いです。では、この約束又は契約はどの..
  • 05/14/18
    雇用契約について - Employment Law Q. 今まで、一人で事業をやってきました。顧客も定着してきてそろそろ従業員を雇おうかと思っています。法的にはどのような手続きが必要ですか。A. 従業員を雇う際、個人経営者は正式な雇用契約書なしに従業員採用をすることが殆どです。従業員を雇う際に正式な、書面での雇用契約書は法的には必要ではありません。然しながら、簡潔であっても雇用条件、仕事内容等を書面にしておくことをお勧めします。雇用契約書があると採..

もっとコラムを読む