San Diego Town

新型コロナウイルス(COVID-19)に関する取り組み - 詳細はこちら

サンディエゴ
日本

ローカルガイド Local Guide

サンディエゴの朝食特集

サンディエゴの朝食特集
平均評価: (2) レビューを見る レビューを投稿
日本では、白いご飯に焼き魚、味噌汁とはいかないまでも、朝ごはんをきちんと食べている方が比較的多い国。一方アメリカでは、文化の違いからか朝ごはんの時間を設け、しっかり食べる人は少ないようで、シリアルやコーヒーなどで済ませてしまう人が日本に比べ大変多いです。

しかし、朝ごはんは1日の食事のなかで最も重要です。朝御飯を食べることによって体内リズムが調う、集中力のアップ、代謝の向上、生活習慣病の予防など様々な効果があります。

そんな朝ごはんですが、やはり朝は忙しく時間がないもの。いくら重要だと分ってはいてもなかなか時間が取れない人が多いです。そこで今回は、前の晩から早起きが楽しみになるようなサンディエゴの朝食を特集したいと思います。



Hinotez ひのてつ

Hinotezはサンディエゴで日本の朝食をいただける希少なお店です。10月からは平日も朝食がいただけるようになりました!

メニューは3種類のコンボがあり、基本のご飯と味噌汁などに焼き魚、コロッケ、刺身などなど自分でおかずを付けるすることが出来きます。他にもうどんやそば、丼もの、カレーライスまであります。

日本の朝食が恋しくなったらこちらです。


Richard Walker's Pancake House

1948年リチャードファミリーがイリノイ州から始めたパンケーキレストラン。
サンディエゴにはダウンタウンとラホヤに店舗がありパンケーキと朝食が有名。コーヒーの旨さも手を抜いていません。
サンディエゴを訪ねたら1度は行っておきたい人気店です。

パンケーキからオムレツなど豊富なメニューでどれもボリュームがあり、アメリカを代表する朝食をいただけます。
ダウンタウンにある店舗は土日は得に混雑し行列ができているので、早めの来店をオススメします。

嬉しいことにパティオはペットフレンドリー。


Kono's Cafe

パシフィックビーチにあり、1991年から毎日美味しい朝食を提供している人気店です。こちらのお店の前にも行列が絶えません。

ふわふわのパンケーキや、スクランブルエッグ、サンドウィッチ、ハンバーガーなど豊富なメニューから選べます。
テラス席もあるので朝から海を見ながら優雅に朝食をいただけるのも魅力の1つです。

姉妹店
Konito's Cafe
1730 Garnet Ave, Pacific Beach, CA 92109
毎日7am-3pm 


Donut Bar ドーナツバー

ダウンタウンにあり、開店前からお客さんが並ぶほど人気のドーナツ屋さんです。ひとつひとつのドーナツはとても大きいですが、見た目ほど甘くないので2、3個食べれてしまいます。

メニューは毎月変わりますので、行く前にWebsiteで要チェック!>>>こちら
翌日ピックアップ用に事前オーダーも出来ます。

2階には飲食スペースもあるので店内で食べることも可。
ロケーションは他にラスベガスにもあります。



Northside Shack

スムージーやアサイーボウルがメインのお店です。
選びきれないほどたくさんのスムージーがあり、ボウルはサイズからベース、トッピングまで選べるので自分好みのボウルを作れます。

スムージーやアサイーボウルなどは軽めに食べられるので、朝からパンケーキやサンドウィッチは重過ぎて食べれない方にもオススメな朝食です。


The Cottage La Jolla

ラホーヤにあるThe Cottageでは、フレンチトーストやエッグべネディクトの人気が高く、店内も清潔で盛り付け方も素敵です。2016年にはサンディエゴのべストレストランに選ばれました。
食事にグルテンを含まないことも大きな魅力の1つです。

朝食メニューはこちら


HOTEL DEL CORONADO Sheerwater

Hotel del Coronado はリゾート地のコロナド島にあり、1度は泊まってみたい高級有名ホテルです。 ホテル内のSheerwarterの朝食ビュッフェを紹介します。もちろん宿泊をしなくても朝食のみのご利用もできます。

オムレツやエッグベネディクト、グルテンフリーのパンケーキ、豊富な種類のパン、フルーツなど、ビュッフェ形式でいただけます。お値段はなんと大人1人38ドル(子供6~12歳までは$18) 。少々高額にはなりますが、有名高級ホテルの朝食なので行ってみる価値はあるかも知れません。


Con Pane Rustic Breads & Cafe

Con Pane Rustic Breadsは伝統職人が作るパンやサンドウィッチ、ローストコーヒーやエスプレッソドリンクなどで人気のお店です。

多くの種類のパンが店頭に並び、フレンチブレッドを中心に甘いパンやサンドウィッチ、ウィークリーブレッド、クッキーやスコーンもあるので、毎日でも通いたくなってしまいます。

テラス席もあり、気持ち良い気候の中での朝食は最高です。


Wow Wow Waffle

Wow Wow Waffleはそのなの通りワッフルメインのお店で、ベルギーからサンフランシスコ、そしてサンディエゴと伝えられてきました。生地はバターを使用せず小麦粉、ベルギー砂糖、オイルだけです。

レモネードと果物のジュースも忘れてはいけません。
レモネードベースのジュースはオーダーしてからハンドシェイクで作られます。

可愛く盛り付けられたワッフルやジュースとその入れ物、お店自体も独特でお庭のような外装でとても可愛いく、その空間にいるだけでも朝のけだるさを吹き飛ばしてくれます。


Fig Tree Cafe Pacific Beach

スェーデン人が経営する今や人気のFig Tree Cafe。2008年秋にここパシフィックビーチに1店舗目がオープンし、現在はサンディエゴに3店舗あり。他にヒルクレストリバティステーションにあります。

Fig Treeという店名からも想像できますように、お店の前には大きな木があり、店内も緑が多く配置されています。
なかなか緑の中で食事をする機会はないので、朝からマイナスイオンを吸ってその日は気持ちよく過ごせそうです。


Bread & cie

Bread&Cieベーカリー&カフェでは、昔のヨーロッパの素朴なパンを毎日休むことなく提供し、古くからの職人技、特別な食材、ヨーロッパから輸入された石窯、すべて天然成分で作られたパンはどれも最高品質基準でたくさんの人に愛されています。

パンだけでなくスコーン、マフィン、フルーツタルト、パイ、色とりどりのマカロンなど甘いお菓子も人気が高く、ベーカリーとカフェが一体となっているので、このパンを使って作られるサンドウィッチや、スープ、サラダなどもいただけます。

*ヒルクレストと言えば駐車がいつも困ります。こちらは1時間無料の駐車スペースが、店舗裏にありますので安心。


Original Pancake House

1953年にLes HighetとErma Huenekeによってオレゴン州ポートランドに設立されました。ユニークで独創的なメニューが支持され、全米に100以上の店舗があります。

ソテーりんごとシナモンの砂糖を添えて焼き上げた大きなアップルパンケーキ、レモンとホイップバターを使いボウルのような形に焼き上げられたダッチ・ベイビーはとても有名な商品です。一度お試しください。

店舗一覧はこちらから
現在では日本にも東京、大阪、福岡に店舗があります。>>



その他のチェーン店

IHOP 店舗一覧
サンディエゴに多数あるファミリーレストランのようなお店で、手軽に早く朝食を頂くことが出来ます。豊富な種類のパンケーキやクレープがあるので、どれにしようか迷ってしまいます。


Denny's  店舗一覧
こちらは日本でもおなじみのDenny'sです。サンディエゴにも多数店舗があり多くの方に利用されています。しかし日本のものとは違い、ホットケーキやワッフルなどアメリカの定番のようなメニューになっているので、日本のDenny'sと比較してみるのもいいかもしれません。


The Broken
 Yolk Cafe  店舗一覧
こちらもサンディエゴに数店舗あるお店で、つぶれた黄身という変わった店名ではありますが、パンケーキやエッグベネディクトなどの卵を使った料理からブリトーなどもメニューにあり、地元の方にも人気があります。




掲載日:10/16/17 記者:Akari

平均評価: (2) レビューを見る レビューを投稿