San Diego Town

クチコミ!キャンペーン 最大$200プレゼント!詳しくはココをクリック!
サンディエゴ
日本

ローカルガイド Local Guide

サンディエゴのロケ地特集

サンディエゴのロケ地特集
平均評価: (24) レビューを見る レビューを投稿

自分の住み慣れた土地が映画やドラマに登場するとついつい興奮してしまいますよね。映画と言えばハリウッドを思い浮かべる方も多いかと思います。しかしハリウッドから少し離れたサンディエゴにも、美しいビーチや公園、海軍基地など映画の撮影で使われた場所がたくさんあります。今回は映画やドラマで登場したサンディエゴならではのロケ地をご紹介したいと思います。お休みの日にサンディエゴの様々なロケ地を巡ってみてはいかがでしょうか。

Citizen Cane - 市民ケーン (1941)

新聞王、かつ巨万の富を築いたチャールズ・F・ケーンが亡くなってしまうところから物語りは始まります。彼が最期に遺した「バラのつぼみ」という言葉が気になったニュース映画の制作者は、編集者トンプソンに「バラのつぼみ」という言葉の解明に努めるよう命じます。トンプソンは聞き込みをしながら華やかで寂しいケーンの裏側を知るようになるのです。

この映画は以前、米映画協会が歴代映画ベスト100のベスト1に選出されたこともあり、年代は古いですが有名な映画です。映画の冒頭シーンの中で報じられる架空のニュース番組に、フロリダにあるとされるケーン邸宅が、サンディエゴ観光地で有名なBalboa Parkで撮影されました。また、El Cid像、動物園の鳥小屋、美術館に展示されているPradoの絵なども同様にBalboa Park内で撮影されたものです。

撮影場所:1549 El Prado, San Diego, CA 92101

Some Like It Hot - お熱いのがお好き? (1958)

ギャングの抗争に巻き込まれ、聖ヴァレンタインの大虐殺を目撃した二人のバンドマン、ジョー(カーティス)とジェリー(レモン)は、ギャングの追っ手をかわすため、女ばかりの楽団に紛れ込みます。女装した二人はそこで歌手のシュガー(モンロー)と知り合い、ジョーは彼女に恋をします。しかし女装のままではどうしようもなく、楽団を乗せた寝台車は一路マイアミへ・・・。

この映画のほとんどが長い歴史を持つHotel Del CoronadoやCoronado Municipal Beachにて撮影されました。このコメディー映画に登場するマリリン・モンローやトニー・カーティス、ジャック・レモンがこのリゾート地で織り成すロマンチックで波乱万丈なストーリーは必見です。

撮影場所:1500 Orange Ave, Coronado, CA 92118

Freaky Friday - フォーチュン・クッキー (1976)

日頃から喧嘩や言い合いが耐えない親子が主役の映画です。ある日その親子は中華料理屋さんへ食事をしに行きますが、またいつものように言い争いが始まります。そこへ店員さんが不思議なフォーチュンクッキーを差し出しました。そのフォーチュンクッキーを食べたことにより、母と娘の中身が入れ替わってします。そんな親子のドタバタを描くコメディー映画です。

この映画のラストシーンでの水上スキーの試合が、お馴染みのMission Bayにて撮影が行われました。

撮影場所:1008 Santa Clara Pl, San Diego, CA 92109

Attack of the Killer Tomatoes - アタック・オブ・ザ・キラー・トマト (1978)

このB級映画は、アメリカ政府が極秘開発しいていた巨大トマトが突然変異を起こして人々に襲い掛かかり、巨大トマトとアメリカ軍が壮絶な戦いを繰り広げるというものです。

この映画での撮影は全てサンディエゴで行われました。なかでも、Star of Indiaという世界で最も古い現役の帆船があるサンディエゴ湾に面したダウンタウンのレストランで銃撃戦が繰り広げられるシーンが見所です。

撮影場所:1055 2nd Ave, San Diego, CA 92101

Top Gun - トップガン (1986)

Top Gunの撮影がサンディエゴで行われたことを既にご存知の方も多いのではないでしょうか。トム・クルーズ演じるマーベリックが通うエリート航空戦訓練学校の舞台となったミラマー海軍航空基地では毎年、年に1回航空ショーが行われています。全米各地で行われる航空ショーの中でも有数の規模を誇り、天候にも恵まれるサンディエゴの航空ショーを見るために世界中の人々が集まります。Kansas City BarbequeというレストランもTop Gunの有名な撮影場所で、Union Street と W Laurel Streetの交差点もオートバイのシーンで有名な場所です。

撮影場所:

MCAS Miramar - San Diego, CA 92145

Union St × W Laurel St

Kansas City Barbeque - 600 W Harbor Dr, San Diego, CA 92101

Hunt for Red October - レッド・オクトーバーを追え! (1990)

ソ連海軍とアメリカCIA及び海軍との間で展開する、巨大潜水艦の探索をめぐる争いがストーリーのあらすじです。この映画でサンディエゴの風景を目にすることはありませんが、サンディエゴにある海軍基地の潜水艦がこの映画に登場しています。USS Birmingham, SSN-695という名前の原子力潜水艦で、就役公試中に撮影されました。この潜水艦の乗組員として登場するエキストラは、演技の細かい指導が省けることが理由で現地の実際の潜水艦乗組員が演じているそうです。

Almost Famous - あの頃ペニー・レインと (2000)

わずか15歳の主人公ウィリアムが「ローリング・ストーン」という音楽や政治、大衆文化を扱う雑誌の記者に抜擢され、ロック・ジャーナリストとして、人気急上昇中のバンド、スティルウォーターのツアーの同行取材を任されます。その仕事の上での苦悩や葛藤、新しい恋の芽生えなどを描いた青春ストーリーです。映画監督兼製作・脚本を務めるキャメロン・クロウの実際に体験した話が基になっているそうです。

この映画の撮影に使われたのは、サーフショップやおしゃれなレストランが立ち並ぶOcean BeachのNewport AvenueやValley View Casino Centerという映画の中ではSan Diego Sports Arenaと呼ばれる場所です。このValley View Casino Centerはカジノではなく、実際にイベントやコンサートが行われる場所です。

撮影場所:3500 Sports Arena Blvd, San Diego, CA 92110

My Blue Heaven - 私の青空 (2000)

ニューヨークの大物マフィアの裁判の証人としてFBIに保護され、とある田舎町に拘束された元マフィアのヴィニーと、彼の担当となったFBI局員のクーパースミスとの交流を描いた作品です。

この映画はカリフォルニアを中心に撮影され、Some Like It Hotの撮影地としてご紹介したHotel Del Coronadoもロケ地として使用されました。

撮影場所:

202 C St, San Diego, CA 92101

1500 Orange Avenue, Coronado, CA 92118

Traffic - トラフィック (2000)

この映画のタイトル「トラフィック」とはアメリカとメキシコ両国との間にある巨大な麻薬密輸取引のルートのことを意味しています。この麻薬の密輸を撲滅するために立ち向かう人々の姿を描いた作品です。

この映画のロケ地には、Balboa ParkやLa Jollaが使用されていて、本編の中で描かれている上空から撮影された車の爆発シーンもサンディエゴで行われました。様々な会社やSan Diego Trolleyをはじめとする公共機関など多くの協力の下で撮影を行うことが可能になったそうです。

撮影場所:17550 Bernardo Oaks Dr, San Diego, CA 92128

Anchorman - 俺たちニュースキャスター (2004)

1970年代のアメリカのテレビ局で、ハチャメチャなニュースキャスター達の前に野心家の女性キャスターが入社した事から巻き起こる大騒動を描いたコメディ映画です。

この映画の主な舞台はサンディエゴという設定になっていますが、実際にサンディエゴで撮影されたのはほんの一部でした。本編では、今の景色とさほど変わらない空中から撮影されたダウンタウンの町並みを見る事ができます。

撮影場所:

1010 2nd Ave, San Diego, CA 92101

1549 El Prado #1, San Diego, CA 92101

掲載日:12/01/15 記者:Miki  

平均評価: (24) レビューを見る レビューを投稿