サンディエゴタウン San Diego Town

サンディエゴタウンがゆく!噂のお店・スポットをスタッフブログで紹介!
サンディエゴのレストラン、観光、求人、車、家、ホテルなどの情報ならサンディエゴタウン

女性専科

子供に関する法律


日米で大きく異なる児童虐待への認識
アメリカと日本では子育てに関する法律や常識が異なります。特に異なるのが児童虐待,児童遺棄(チャイルドアビューズ、ネグレクト)についてです。今は日本においても児童虐待は問題になっていますが、まだ法定化されていません。アメリカでは深刻な問題となっているため、ほとんどの州で法定化されており、カリフォルニア州でも児童虐待は刑法によって裁かれます。

児童虐待とは?
親や親にかわる養育者などが、子どもに対して行う以下の行為をいいます。
身体的虐待偶発的な事故以外で、児童の身体に外傷が生じ、又は生じるおそれのある暴行を加えること。たたく、ける、つねる、なぐる、激しく揺さぶる、振り回す、噛む、しばる、水につける、火を押し付ける、首を絞めるなど。
性的虐待児童にわいせつな行為をすること又は児童をしてわいせつな行為をさせること。 性的暴行、性関係の強要、ポルノの被写体とするなど。
心理的虐待児童に著しい心理的外傷を与える言動を行うこと。 子どもの存在を無視する、おびえさせる、罵声をあびせる、ひどい言葉でなじる、むりじいするなど。
ネグレクト
(養育の拒否や放置)
児童の心理の正常な発達を妨げるような著しい減食又は長時間の放置その他の保護者としての監護を著しく怠ること。 食べ物やミルクを与えない、衣服をかえない、学校に行かせない、危険な場所に放っておく、医者にみせない、家に閉じ込めるなど。


日本とアメリカにおける児童虐待の認識は大きく違います。例えば、日本では子供が言うことを聞かないときたたいたりすることは各家庭の教育方針ということで、ある程度は考慮されていますが、カリフォルニア州では身体的虐待として刑法で裁かれ、6カ月程度の懲役刑を受ける可能性もあります。よって、こちらでは人前で子供をたたくなどの行為は行わない方がよいでしょう。また、子供をひどくののしったりすることも、こちらでは心理的虐待として刑法違反となりますので、日本感覚で謙遜のために子供のことを悪く言ったりすることも控えましょう。カリフォルニア州では性的虐待も大きな社会問題になっています。有罪となれば肉体的虐待よりもさらに重い罪となり、10年近い刑が下されることもあります。日本では親子で一緒にお風呂に入ることは子供が小さいうちは一般的ですが、アメリカでは近所の人に通報されたというケースがあります。アメリカで暮らす限り、子供の年齢に関わらず、親子で入浴することは避けたほうがいいでしょう。自分には性的虐待の意図がなくても、誤解を受け、大きなトラブルに巻き込まれることも少なくはありません。十分気をつけましょう。また、カリフォルニア州では、小さな子供をひとりで留守番させることはもちろん、ほんの数分間車の中に残して目を離すことも、ネグレクトと見なされ、刑法違反となります。アメリカでは、子供がひとりで自分自身の安全を確保できる年齢としては、14歳が目安になっているようです。よって、自分で自分自身の安全を確保できない年齢の子供は、しっかり親の監視下に置くよう、心がけましょう。特に、日本から来たばかりの家族で、子供が英語を話せない場合はしっかりと親が面倒をみるようにしましょう。

アメリカには児童虐待を防ぐため、専用ホットラインが数多く設置されています。2003年には、サンディエゴのチャイルドアビューズホットラインだけでもおよそ77,000件の通報がありました。通報者には、虐待された本人や虐待者以外の家族、近所の住人ということも多くあります。カリフォルニア州では、子供の教育や健康管理に関わる人はすべて、虐待の可能性を発見した場合には、しかるべきところに通報しなければならないと義務付けられているため、学校の教師や医師などから連絡が入ることも多くあります。

* Child Abuse Prevention Foundation
San Diego County Children’s Services Hotline・・・858-560-2191, 1-800-344-2191 (24時間)
* Childhelp USA
National Child Abuse Hotline (全米)・・・1-800-4-A-CHILD (1-800-422-4453) (24時間)
* The Health and Human Services Agency(HHSA)
Child Abuse Hotline (全米)・・・1-800-344-6000 (24時間)


虐待とみなされて通報されると、通常24時間以内にソーシャルワーカーが家庭を訪問、調査が行われます。そこで、子供が極めて危険な状態にあると判断された場合には、その場で警察に通報し子供を保護します。子供は親戚の家庭に引き取られたり、、フォスターホームや施設などに送られることもあります。子供が保護されている間は、親は裁判所の指示に従い、カウンセリングを受け、ペアレンティングのクラスやアンガーマネージメントに参加しなければなりません。ここで、改善が見受けられれば子供は返されますが、改善が見られない場合、子供はフォスターホームや施設で過ごすことになってしまいます。

以上述べたように、児童虐待はアメリカでは大変重大なこととされています。日本の感覚でよしとされている行為がこちらでは認められないことがたくさんあります。くれぐれも誤解を受けるような行為は慎み、無用なトラブルを避けるようにしましょう。以下は、カリフォルニア州が定める「児童虐待・児童遺棄」の定義です。


カリフォルニア州が定める「児童虐待・児童遺棄」

以下はカリフォルニア州で規定された児童虐待の定義(一部)。未成年者の保護者が以下のいずれかに該当する行為をすれば、深刻な場合には刑法で裁かれ、懲役刑を課されることになります。

* 肉体的虐待
偶発的な事故以外で、保護者が未成年者に対して深刻な肉体的傷害を与える、あるいは肉体的傷害を被る可能性の極めて高い状態に置くこと。
* 保護不十分
保護者による未成年者の監視、保護が不十分で、結果として未成年者が深刻な肉体的傷害を受けたり健康を害すること。または、肉体的傷害を被る、あるいは健康を害する可能性の極めて高い状態に置いてしまうこと。故意であるか不注意によるかに関わらず、保護者が未成年者に必要な食料、衣類、住居、医療を与えないこと。
* 精神的虐待
保護者の何らかの行動により、深刻に悩み、落ち込み、自暴自棄になるなど、未成年者を精神的に極めて不安定な状態にすること。
* 性的虐待
保護者が未成年者を性的に虐待する、あるいは性的に虐待される可能性が極めて高い状態におくこと。あるいは、未成年者が性的に虐待される可能性が高い状態にあることを知りながら、保護しないこと。
* 5歳以下の子供に対する肉体的虐待
5歳以下の子供が、保護者により極めて深刻な肉体的虐待を受けること。あるいは、保護者の知り合いが子供に対して肉体的虐待をしていることを知りながら、保護しないこと。
* 残虐行為
保護者が未成年者の目に触れるところで、何らかの残虐な行為を行うこと。あるいは、保護者の家族が未成年者の前で残虐な行為を行っていることを知りながら、保護しないこと。



おすすめニュース

Hancock International College お問合せは日本語でどうぞ。世界各国から集まる学生と集中的に少人数制で実践英語を習得

ベイサイドオート ( Bayside Auto ) 日本水準の技術で 板金・塗装

中古車・新車販売 買い取り 短期、長期リース レンタカー 修理  ( Bayside Auto, Inc. ) 日本水準の技術で 板金・塗装

歯医者スマイルメークオーバーセンター Smile Makeover Center スマイルメイクオーバー ラステガー歯科医 8月スペシャル ホワイトニング$300オフ

歯医者 スマイルメークオーバーセンター Smile Makeover Center スマイルメイクオーバー ラステガー歯科医 8月スペシャル ホワイトニング$300オフ

ブック・オフ ( BOOKOFF USA ) リサイクル書店 本・雑誌・CD・DVD・ゲームソフト、PC・カメラ・ビデオ・家電・タブレット・電子辞書 2/28/18まで

Prestige International

PSP, Inc. ビジネスのウェブ開発ならPSP

歯科 アルファデンタル サンディエゴ ラメサ ( Alpha Dental ) 痛くない麻酔、低価格、最新の歯科設備。保険をお持ちでない方へ、検診+レントゲンが$50!無料コンサルタント。お問い合わせはゆうこまで、日本語でお気軽にどうぞ。619-997-0606

Hancock International College お問合せは日本語でどうぞ

レンティ ( Renty ) 安心格安レンタカー。サンディエゴで車を借りるなら、長期格安レンタカーRenty

Japan Airlines ( JAL ) JAL USA CARD 新規入会限定 ショッピングボーナスキャンペーン